屋上防水で選ばれているFRP防水の基本

屋上が変わる!目的に応じて選ぶ屋上防水施工の基礎 屋上が変わる!目的に応じて選ぶ屋上防水施工の基礎

軽量のFRP防水とは

特徴

FRP防水は軽いのに一定の強度があって、いろいろな形状に加工できるメリットがあります。どんな下地ともフィットしやすくつなぎ目無しで防水膜を作る特徴があり、汎用性が優れた防水工法としてさまざまな工事に採用されます。

FRP防水工事の作業手順

下地調整

屋上防水を検討している屋根の状態をチェックして、漏水が心配な場所を特定します。既存下地に大きなトラブルが見られる場合は、全て撤去した上で先の行程に進めるケースもあります。土やホコリなどの汚れをきれいにした後に、接着剤を使って下塗りします。下塗りの上からプライマーを施す下地作業で、FRP防水性能を高めましょう。

ガラスマット貼り付け

プライマーを塗った上に軟質ポリエステル樹脂とガラスマットを重ねて、肝心の防水層を作っていきます。さらに上から樹脂を塗った後、中に残った空気を抜いて平らにします。空気が入ったまま先の行程に進んでいくと、劣化しやすく危険です。不自然な凹凸ができてひび割れするリスクもあるため、丁寧な処理が不可欠でしょう。

中塗り

ガラスマットを貼り付けたところが硬化したら、中塗り処理に進みます。紫外線からFRP防水層を守る成分が入った中塗り剤を使用すると、屋上防水が長持ちします。材料費は高くつきますが経年劣化しにくくなるため、業者に相談してみましょう。中塗りの手間を省くと防水膜の寿命が短くなるため、欠かせないひと手間の工程です。

トップコート

トップコートを丁寧に塗り、防水層を仕上げます。伸び縮みしやすい柔軟性に優れた素材を使うところも、FRP防水を長持ちさせる工夫です。トップコートを塗り終わったら表面に凹凸ができていないかチェックして、防水性能を確認します。一定期間ごとにトップコートを塗り直すと防水層が長持ちするため、メンテナンス計画についても聞いておくといいでしょう。

TOPボタン