FRP防水工事におけるトップコートの種類

屋上が変わる!目的に応じて選ぶ屋上防水施工の基礎 屋上が変わる!目的に応じて選ぶ屋上防水施工の基礎

FRP防水工事のトップコートについて

FRP防水工事のトップコートにも種類があるので、それぞれの特徴を知っておくと便利です。屋上防水をするならトップコートまで併せて細かな調整が必要であり、防水層の寿命に関わってきます。ですので、屋上防水する前に知っておきたい基礎知識として覚えておきましょう。

トップコートの種類

アクリルウレタン系
伸縮性に優れたトップコートで重ね塗りにも使えるため、メンテナンスで検討されます。伸縮性がある分だけ純粋な強度は低くなるため、定期的な塗り替えは必要です。新規に屋上防水する際にはメンテナンスコストまで考慮して、慎重に検討しましょう。紫外線に対して一定の強度を保つため、経年劣化が気になる屋上のリフォームに活用できます。
ポリエステル系
新築住宅の防水工事で使われやすいトップコートで、丈夫な堅さが特徴です。伸縮性には劣るので重ね塗りが難しく、リフォームには不向きです。ひび割れ、剥がれなどのトラブルを起こしやすい性質を嫌って最初からアクリルウレタン系トップコートを検討するケースもあります。優れた強度が魅力のトップコートではありますが、リスクをふまえて判断しましょう。

屋上防水ではトップコートまで考慮して選ぼう

新規屋上防水をするにしてもメンテナンスを考えるにしても、トップコートの選択は重要です。アクリルウレタン系トップコートを選ぶかポリエステル系トップコートを選ぶかで修繕計画が変わってくるため、業者とよく相談して決めてください。

屋上だけでなくベランダもFRP防水工事が」可能

木造住宅は不陸屋根になっているケースが多く、ベランダまで含めて防水工事を検討します。不陸屋根とは斜めに傾いた形状を指し、一般的な民家に見られるスタイルです。ベランダの防水層にもFRP防水工法が活用されるので、一緒に施工を検討しましょう。

TOPボタン